リラクシングママ合唱部とは 

「先生!ゴスペルやろうよ!」のひと言から始まった

 2014年に発足した子連れOKのママ向けボイトレが2年程経ったある日のこと。常連参加していたメンバーが「久々にハモリたーい!先生!ゴスペルとかやらないのー」と。

 誰でも気軽にボイストレーニングに親しめる世の中になって欲しい。

 その事だけを考えて活動していた私にとって、そのメンバーからの一言は、私の中で新たな夢として大きくなっていきました。ボイストレーニングで鍛えたその声を生かせる場があることで、更にそれぞれの自分時間の充実に繫がるかもしれない。そう、ボイストレーニングは<目的>ではなく、そのための<手段>であり、参加メンバーはそれぞれの目的の元、ボイトレエクササイズに参加していました。そこにプラスして、ここに集まるメンバーで共通の目的があってもいいのかも・・。

 同じ頃、出張先のボイトレ講座のアンケートに、「先生のゴスペルや合唱とかあったら参加したいです。」と書かれていた事で、更に運命やタイミングみたいなものを感じ始め、あと、何人か集まれば、ホントに実現可能かもしれない・・。そう感じた私は、早速、ブログに合唱メンバーの募集を掲載。

意外にもすぐにお問い合わせや申し込みが入り、あれよあれよと最低人数が揃った事でリラクシングママ合唱部スタートが実現へと向かいました。

ちなみに、初顔合わせ当日、私からのサプライズとして、イベントの本番を用意しておりまして、集まった皆さん、最初は「えー!」と驚いていましたが、〈集まって楽しく歌う〉だけではなく、〈本番に向かって皆で合唱を作り上げる〉を目的にする事で、毎回の練習への集中力があがる事と、本番を乗り越えていく楽しさをお伝えしました。 

皆さんそれぞれ、周りの様子を見ながら、気にしながらでしたが、「やりたい!」や「できるかな?」の言葉が出始めました。

結果、せっかくなら本番ある方が良い!との話がまとまり、皆で同じ方向を向いて一致団結!

これが、リラクシングママ合唱部の発足でした。

これまでの活動について

 基本は別日にある、ママ向けのボイトレエクササイズに参加して、歌の基礎と体力の維持向上を行った上で、合唱部にて本番に向けたステージパフォーマンスを作り上げていくというスタイル。

2017.02に発足~2020.01まで、紆余曲折メンバーの増減を繰り返しながら、ボイトレで声を鍛えつつ、年3~4回の本番を乗り越え、その度、実力を上げていきました。

さあ、次年度はどんなパフォーマンスをしていこう!

年を追うごとに気持ちがどんどん盛り上がっていきました。

そして、2020.01 のステージを最後に、2020.02コロナによる緊急事態宣言に突入

その後は皆さんもご存じのように、歌はおろか、大きな声を出すこともとがめられてしまう時代となり、参加出来る最小メンバーだけで、感染対策を施しながら練習をしてきました。

その中で、どうにか本番を!と、2020はインスタライブによるクリスマス発表会を、2021は動画配信での発表会にするなど、出来ることをしてきました。

2021年が終わるころ、大きな声を出す機会を求めて、そして、人と集まったり話したりすることを求める声が耳に入るようになりました。

その中には、地域での新しい繋がりや、これからの自分時間を楽しむ為の趣味の場を探しているマ