「Relax-sing」指導方針

一生ものの声を身体で覚える

 すぐに喉が閉まってしまう喉声ではなくお腹からスコーンとどこまでも伸びてゆく声というのは、聴いているだけで心地いいですよね!それは、その人自身のナチュラルでどこにも負担のかかっていない声だからです。そのため歌っている本人も、聞いてる人々も気持ちがいいのです。

当レッスンでは、そのご自分の最良の声を発掘し、自由な声(歌)の表現を可能にし、「一生ものの声」を創っていきます。

 そのためには、まず身体をしっかり使う事を身につけていただき、喉に負担をかけずにご自身でコントロールできる声つくりをモットーに進めていきます。その場だけ、口先だけのhow-to的レッスンはしません。

身体と発声、両方から声を育てる

 基礎の腹式呼吸からしっかりと指導します。
それは、腹式での呼吸と声をつないだうえで、声のボリュームや音程等をコントロールできる様にするためです。正しい腹式呼吸を行うには、その声を支える筋力〈体幹〉と体力(スタミナ)が欠かせません。例えるなら、思いっきり叩いても動じないだけの大きな太鼓を支える土台と同じです。声を育てるには、身体も土台として共に育てていくことが重要なのです。当レッスンでは、身体と発声、両方からアプローチすることにより最短で声を育てます。

取り換えがきかない声帯を守る

 声帯は楽器でいうところの弦やリードの部分で、音を出す要の部分です。ですが、楽器と声帯では決定的な違いがあります。それは、声帯は取り換えがきかない生ものであるということです。
 あなたの一生ものの大切な楽器である声帯を守るには、いかに喉に負担をかけず長くいい声と共に生きていくかが大切です。
当レッスンでは、一番大切なアピールポイントである声を痛めないよう、
共鳴させる、
声をしっかり支える、
口周りや喉周りを弛緩し喉を開放する、
ブレスコントロールのテクニック等、
多くの発声メカニズムポイントからコントロールする術を体得していただきます。